spacer

【速報】21日の24時間スト突入へ 19日の専業交渉は中止に

 港湾労組は、通告中の21日の24時間ストライキに突入する。産別最低賃金の統一回答を巡って労使が対立していることから、次回中央団体交渉の日程は決まっていない。19日に予定されていた個別賃上げをリードする専業労使交渉も当日朝に中止が決まった。これにより4週連続でストを実施することが確実となった。
 全国港湾労働組合連合会などは17日、第5回中央闘争委員会を開催。ゴールデンウイーク(GW)中の4月28日から5月6日までの9日間のストライキの実施について検討したが、日本港運協会への通告は保留とした。24日に第6回中央闘争委員会を開催し、再度検討する。日港協はGW連休中のスト回避に向けて全力で取り組む方針だ。

全日本空輸・上席執行役員外山氏インタビュー 米向け貨物便拡充で増収へ 成田、羽田で荷役体制強化 [4月19日]

 全日本空輸の外山俊明・上席執行役員貨物事業室長(ANA Cargo社長)はこのほど、本紙のインタビューに応じ、2019年度の事業計画について語った。19年度は大型貨物機のB777...


Ocean Network Express


お知らせ

PR
海事プレス社発行の雑誌・書籍類は海事プレス ダイレクトショップまたは電子書店でもご購入いただけます。ご不明な点がございましたら販売部hanbai@kaiji-press.co.jp 
へお問い合わせください。

◆「Daily Cargo電子版」の閲覧ブラウザは「インターネットエクスプローラー」に最適化されています。その他のブラウザでは正確に表示されないことがありますので、Daily Cargo電子版をご利用の際はインターネットエクスプローラーをご使用ください。
 
◆「きょうのニュースヘッドライン」や「あしたの掲載記事予定」が毎朝お手元に届く「
Daily Cargoメルマガ」の配信登録手続き(無料)は こちら から。

◆電子版ではDaily Cargoと日刊CARGOの表記が混在している部分があります。
日刊CARGO表記部分も全てDaily Cargoを指します。ご了承ください。
日刊CRGO 試読申し込み
広告の申し込みはこちら

創刊10周年記念特集号

世界は加速的に変化している。国際物流領域の未来も握る。創刊10周年記念特集号としてリポートする。

» 詳しくはこちら

姫路港開港60周年特集

姫路港は2019年4月、開港60周年を迎える。コンテナ貨物は、国際コンテナ戦略港湾・阪神港と連携し、トライアル輸送も実施している。

» 詳しくはこちら

Page Top