2017 5 18

木曜日

の紙面

【インタビュー】日本航空・岩越宏雄貨物郵便本部長 今期、国際貨物6%増収 20年までに収入規模1.1倍に [5月18日]

 日本航空は2017年度(17年4月〜18年3月)に新たなスタートを切る。12年8月10日に国土交通省が示した「日本航空の企業再生への対応について」(8.10ペーパー)による新規投...

【東京港特集】国内最大のコンテナ港湾、さらなる機能強化へ 20年東京五輪に向けて人流・物流活性化 [5月18日]

 東京港は20日、76回目の開港記念日を迎える。1967年にコンテナ船が初めて入港して以降、取扱量を大きく伸ばし、現在では日本最大のコンテナ港湾としての地位を確立した。課題となって...

Sea Japan 2018 国際会議

お知らせ

PR
海事プレス社発行の雑誌・書籍類は電子書店でもご購入いただけます。また、通常形態の書籍は引き続き海事プレス社販売部(電話:03-5835-4162、Eメール: hanbai@kaiji-press.co.jp )でも販売しております。

◆「日刊CARGO電子版」の閲覧ブラウザは「インターネットエクスプローラー」に最適化されています。その他のブラウザでは正確に表示されないことがありますので、日刊CARGO電子版をご利用の際はインターネットエクスプローラーをご使用ください。
 
◆「きょうのニュースヘッドライン」や「あしたの掲載記事予定」が毎朝お手元に届く「日刊CARGOメルマガ」の配信登録手続き(無料)は こちら から。
日刊CRGO 試読申し込み
transport logistic China 2018

動画アーカイブ

第20回JAFA-BIAC賀詞交歓会が開催

一覧はこちら

成田空港6000万トン突破

 10月18日、成田空港の国際航空貨物取扱量が1978年5月の開港から累計で6000万トンを超えた。来年の開港40周年を目前に控えての大台到達。成田の“いま”と、将来をにらんだ最先端の取り組みを紹介する。

» 詳しくはこちら

韓国物流特集

 韓国コンテナ船社各社による韓国海運連合(KSP)の独自戦略や釜山港および仁川国際空港の物流ハブとしての役割、韓国主要航空会社の取り組みを紹介する。

» 詳しくはこちら

DHLグローバルフォワーディング

世界の天気

--

ニューヨーク

曇り

ロサンゼルス

雪

バンクーバー

雨

リオデジャネイロ

曇り

ロンドン

晴れ

ローマ

晴れ

ケープタウン

曇り

ニューデリー

雨

香港

シドニー

物流ウィークリー
マリンネット
データ読み込み中
データ読み込み中
データ読み込み中
クルーズ2月号発売中!
読者Web登録
動画アーカイブ
Page Top